仮想通貨をはじめる前に、知っていて欲しいリスク

仮想通貨が儲かる。

いま投資するなら仮想通貨。

この前ビットコインが爆上がりしてたから買い。

そんな感じで仮想通貨に投資しようかなー。と思っている人向けにこの記事を書いています。

確かに仮想通貨に投資をすると、現物(FXではない)を持っているだけで資産が2倍以上になったり、これから先の展望を考えた時に、個人的には非常に優秀な投資先だと考えています。が、リスクがあるのも事実。

そのリスクを書き連ねていこうと思います。

主なリスク

1.値幅制限がない為、暴落する時エグい値動きをする

2.万が一仮想通貨が認められなくなった時、紙切れ同然となる

3.2021年8月現在、税金が高額

4.ハッキングされる可能性がある

1.値幅制限がない為、暴落するときエグい値動きをする

仮想通貨をしていると、バカみたいに暴落するときが多々あります。それこそ、株式市場ではあり得ないレべルで値が動きます。

個人的にはこれが一番の問題点、リスクかなと思っています。

仮想通貨は大きく儲けることができる。

と、聞くと美味しい話に思えるかもしれません。確かに大きく儲けることができます。それは事実です。ですが、大きく儲ける事ができるという事は、裏を返せば大きく損失を被ることもある。ということです。

(ひとつ言えることは、正しい知識を身に着けましょう。正しい情報を選別し、ガセネタなどに騙されないようにすることも大切です)

株式市場では、値幅制限といってある一定以上の値動きがあると、それ以上上がらない(下がらない)ようにする為に価格がストップする仕組みが取り入れられていますが、仮想通貨ではそんな事は一切ありません。極端な話、値段が1日で半分になろうが、4分の一になろうが関係ありません。逆に、価格が1日で倍になる可能性もあります。

これがどういったリスクなのかというと、総資産が100万円あったのにも関わらず、気が付けば資産が50万円に減るといった事が発生します。FXで仮想通貨をしていた場合、即刻ロスカット食らう可能性もあります。(私は何度も経験してきましたwww)

株式市場では、ある一定レベルで値段がストップしますので、(上下約15%~30%の変動)そのストップした時にどうするか(売ってしまうかホールドするか)を考える時間が生まれますが、仮想通貨はそんな時間がない間に暴落してしまします。気づいたときには資産が半分になっている。なんて事もあり得ます。そして焦って売ると、価格が上昇して元の価格に戻っている。なんてザラです。

また、普段から株式市場ではなかなかあり得ない動き方をするのも仮想通貨です。(5~10%一日で変動するなんて事は一番価格が安定してきているビットコインでもザラにある)その点も理解しておかないと、100万円資産を投資していて、総資産が1日で90万円になってしまった・・・。もう無理。ってな具合にメンタル的にダメージを受ける事になってしまいます。(これが非常に多いです)かと思えば、翌日に110万円になっている。なんて事もざらです。

対策としては、多少の値動きでは焦らない事が重要ですし、初心者のうちはFXに手を出さない事をオススメします。知識がない状態でFXに参入すると、間違いなく狩られます。

2.万が一仮想通貨が認められなくなった時、紙切れ同然となる

個人的にはこの線は現在時点(2021年8月現在)では、ほぼあり得ない事。だと思っていますが、この先仮想通貨がなくなってしまう。価値が認められなくなってしまった時に、値段がつけられない状態になり得てしまう可能性があるという事です。

通常、通貨というのは国家が保証しているワケですが(詳しい説明は省きます)、仮想通貨には発行している国家が存在しません。国が存在しないという事は、国に保証されていない通貨という事です。この辺難しいのですが、簡単に言いますと

仮想通貨なんて使えない。仮想通貨の使用を禁止する。などといった法律や世の中の流れができてしまった場合、価値がなくなる可能性があります。

先述した通り、個人的にこの線はほぼ無く、薄いと思っていますが(詳しくは省きます)、100%あり得ないのか?と問われると、5年先を見据えた時に5年後の社会情勢がどうなっているかなど予想はできたとしても知る由もありませんので、100%ありえない話では無いと思っています。というか、思っていた方が良いです。仮想通貨ってそういう物です。

3.税金が高額(2021年8月現在)

最大の税率は55%です。(所得金額4000万円以上となりますが)

55%ですよ?国の税法整備が整っていない事が原因ではありますが、高額すぎます。

単純計算ですが、仮に1億円を仮想通貨で儲ける事が可能だとして、税金で半分も持っていかれる事になります。えぐい。

ちなみに、現実的な所でいくと1000万円儲けることが可能だったとしても43%で持っていかれます。

累進課税なので、以下の表を参考にしてください。

課税される所得金額 税率 控除額
195万円以下 5% 0円
195万円を超え 330万円以下 10% 97,500円
330万円を超え 695万円以下 20% 427,500円
695万円を超え 900万円以下 23% 636,000円
900万円を超え 1,800万円以下 33% 1,536,000円
1,800万円を超え 4,000万円以下 40% 2,796,000円
4,000万円超 45% 4,796,000円

※この表に追加として住民税・復興特別所得税を含めます。(10%上昇)

こればっかりは日本の法律が悪いとしか言えません。(事実、仮想通貨で稼げる人間は海外に渡航していたりもします。)

改正される事に期待です。

4.ハッキングされる可能性がある

最近は聞かなくなりましたが、過去に仮想通貨(デジタル上のデータにすぎないので)はハッキングされた事実があります。※2018年「コインチェック事件」

このリスクはある一定以上存在すると認識しておくべきだと考えます。対抗策は2段階認証や、複数のウォレットへの分散保管、そしてネットワークに接続されていないコールドウォレットへの資産移動。

ネットワークに繋がっていると、ハッキングのリスクは少なからずとも存在します。

ちなみにハッキングされると、資産を全て失う事になりかねません。少なくともそのリスクは知っておくべきです。

まとめ

これから仮想通貨に参入するのは非常に有益な選択だと思いますが、全資産を全て仮想通貨にいきなり突っ込むというのはやめておいた方が良いです。と、個人的に思います。

あくまで、この金額が倍になってくれれば良いかなー。程度の、普段の生活から切り離したお金、ゼロになっても良い程度の資産でまずは初めておく事をオススメしています。ゼロになっても良いというと、投機的な資産と解釈されそうですが、本当にそのレベルのリスクは覚悟しておくべきだと思います。

2021年8月現在、情勢的にこれから上昇していくとは思っていますが、確実ではありません。

それと、仮想通貨自体のリスクとは言えませんが、仮想通貨関連の詐欺の被害も後を絶たないようです。こちらに関しては、正しい知識を身につけてから仮想通貨に参入すれば問題ないのではないでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です