私が副業を始めた理由

Twitterなどでもプロフィールに記載していますが、私は飲食業に従事しています。

4年生大学の中堅・・・、偏差値が54前後の大学を卒業し、普通にサラリーマンとして働き始めましたが、どうも自分の肌にサラリーマンが合わない。ということで、退社。

その後、大学時代にアルバイトしていた飲食業に出戻りする形でそこから5年ほど飲食業に従事しています。合計すると9年・・・?長いなぁ。

サラリーマンは正直しんどかったです。上司に媚びを売り、(私の場合は、ですがw)出世する為に躍起になっていました。仕事を積極的にこなし、社内で新人賞も獲得しました。が、結局は退社することになり、飲食業・・・、もともとお酒が好きだったこともあますが、そっちのほうが肌に合っていたみたいです。出世する事だけを考えて、仕事の内容なんて全く関係ありませんでした。やりがいなんて全くなかったですね。

というわけで、飲食業をしていて特に嫌なことはありません。普段基本的にはストレスを感じることもありませんし、職場の人間関係もとても良好だと思います。最近では新しいプロジェクトとして新規事業の立ち上げなんかもやっています。結局どちらにせよ出世(?)してるのかもしれませんw

では、そんな私がなぜ副業を始めようと思ったのか。

自分の個性を生かして収入に変えたかった

飲食業の仕事を疎かにしているつもりは毛頭ないのですが、(個人的には、本業の仕事に身が入ってない人間が副業で成功するわけはないと思っています。)それ以外に、せっかく自分のスキル、個性があるのだから、少しでも収入に変化させたかった。というのが主な理由です。

本業の収入も悪くはないのですが、これからの時代、どの職業がどうなるかわからない時代です。(個人的に本格的な飲食業は残ると思っている)安定といわれていた職業に関しても、破綻する可能性は十分にあり得ます。

どうしてもこの先お金が必要になったときに対応できる収入源がもう一つあれば、ひとまず安心。という事と、ある程度の貯金額が欲しいなーと思ったのが主な理由です。

まぁ、あとは自分の物欲を満たすため・・・でもありますが。今よりも少しでも豊かな生活を送りたい。ですね。こんな世の中なので猶更。

そうして考えたときに、何を収入に変えることができるかというと、自分の個性やスキルを伸ばして収入に変化させる形が一番理想的ではないかと思いました。本業に従事している以上、限られた時間で事業を形成していかなければなりません。

そこで、アフィリエイト・グーグルアドセンスに目を付けました。この二つに関しては前から知ってはいたのですが、なかなか手を出すに至らず、あるきっかけで始めて続けることができています。

また、ネット事業を始めるにあたって、資本金がほとんど要らない、要するに、リスクがあまりない。という事もスタートしやすく手をだしやすかった理由のひとつです。

自分の得意な分野の知識をアウトプットしてなおかつ、収入に変化することができる。これ以上のことはないかと思います。

最早インターネット無しだなんて考えられない。

これほどまでにスマートフォンが普及し、いたるところで無料Wi-Fiネットワークが展開されている世の中で、目を向けない方が不自然なほどにインターネットが普及しています。このマーケットに飛び込まない理由が果たして存在するでしょうか。

飲食店の話になりますが、昔ながら存在するお店でさえ、自分の店のホームページを展開し、Twitterを持ち、インスタグラムを持ち。そのSNSを使用してマーケティング戦略を取っている時代です。

もう既にインターネットが普及して10余年ばかり過ぎていますが、今からでも参入するに関して遅い。なんてことはないでしょう。むしろ、今からでも参入するべきです。

そう私は考えています。

だって、ご年配の方でもスマートフォンが普及してから電車の中でスマートフォンを触っていますから。ガラケーだけだとこうはいかなかったでしょう。ほぼすべての人類が(地域にも差がありますが)インターネット、ネットワークに接続しているわけです。(先進国では普及率は95%前後もあります。)

あとは、とにかくやってみる。

さて、ある程度事業の形が見えてきたところで・・・・、正直この時点でもぼやけてでしか見えていませんが・・・。

とにかく。やってみる。そして継続する。

という事を私の中で誓いました。

この3年間、同じように何度かは挑戦したことがあります。ですが、続きませんでした。いろいろ原因はあったと思いますが、そのすべての原因を洗い出し、そうすれば自分で続けることができるか。という事を追求し続けました。自分と向き合う。ということはとても大切な事です。

自分が「ここまでおぜん立てしないと、続かない。」という事を認め。「自分の収入なんて与沢翼さんや堀江貴文さんに比べたらカスみたいなもんだ。世間で見たら底辺だ。」と認め。「このままの状態で年月が過ぎ去って、結局何もない自分が5年後にある。」という現状と向き合ったつもりです。

だから、とにかくやってみる。そして継続する。という事を誓いました。(もちろん、本業は疎かにしない。するどころか本業でも実績を必ず残す。⇒新事業立ち上げに関わっている。)

そして、準備期間として、色々な本を読み、参考にさせていただきました。

与沢翼さんの、「ブチ抜く力」であったり、

堀江貴文さんの、「ゼロ」であったり。

まずは、私程度のちっぽけな考えでは、今最前線で活躍されている方の考えには遠く及ばないと感じたから、最前線でビジネスを行っている人の考え方を自分で取り入れる事にしました。準備としてはそれぐらいで、あとは、行動する。実行する。継続する。

考えてばかりでは何も意味がありません。ある程度準備が整ったら出発してしまえば良いのです。足りないと感じたことは、その場で改善し、取り込めば良いのです。なんだったら、私が行った本を読む準備期間。というのも無駄な時間だったかもしれません。行動を始めてからでも、読書は行えます。

一番ダメなことは、準備するだけ準備して、準備が完了して満足してしまうことです。そんな甘い考えでは成功などあり得ません。成し遂げる事などできるわけがありません。

やりたいことをやることが続く事への近道?

タイトルが疑問形なのは、自分でもまだ考えが固まっていないからですが、副業をする際、まずは自分のやりたい事を最優先でやっていけば良いと思って行動を始めました。

というのも、私が、(アラサーの独身男性です)女性向け化粧品のレビューサイトを断ちあげる。なんて馬鹿な話(いや、女性向け化粧品を男性が使ってみた。みたいなレビューサイトならありかもしれませんが)少なくとも私はやりたいなんて思いません。女性向け化粧品に興味もありませんから・・・・。

しかしながら、女性向け化粧品のレビューサイト、ブログに関しては一定の需要があることは間違いありあません。巷には様々な化粧品で満ち溢れていて、今より自分の肌にあった化粧品を求めている消費者の方も多いと思います。

ですが、仮に私がこのサイトを立ち上げ、長続きさせていこうとすると、必ずどこかで、というか記事を3つでも書いた瞬間に面倒くさいと感じているかと思います。興味のない事に向き合うのって、少なくとも私は難しいと思っています。

こんな事では、続きません。

ですから、自分がやりたい事、好きな事をどうすれば収入に変化させれるかを考えて、行動しました。もちろん、需要がある事の方が収入に変化するのは早いかもしれませんし、そちらのほうが賢いかもしれません。ですが、続かなければ意味がないのです。

その結果、ビジネス本が好きで読みあさっているので、そのレビューや、今まで得た知識をアウトプットするブログ。バイクが好きで、いろいろな所にツーリングに行っているので、そのおすすめのスポットを公開するブログ。

というところに行きつきました。

あとは、ギターで弾き語りをするのが夢だったので、そのギターで弾き語りができるまでの動画をYouTubeに投稿するなど。です・・・。(最近忙しくてギター触れてないですが・・・必ず続けると約束します。ほかにもゲーム実況とかやりたいんですけどね・・・。あとは時間との兼ね合いです。いろいろと手を出しすぎても続かないと思うので。)

そして、あとは行動に移すだけです。

私の場合、まずはブログを作成します。(この時点で、作成する方法がわからなければ、今の時代調べればたいていの物はでてきます。)

ちなみにこの「加賀研究所」というブログですが、当初の記事カテゴリーは、「ワイン」「バイク」など、今考えると、要らない。と思うものも含まれていました。

あとから改善すれば良いのです。

実際に行動してから、本当に必要なモノかどうかという区別がつくようになります。逆に言うと、行動するまで、それまで考えていた事が本当に必要かどうかなんてわかるわけがありませんし、不要と思っていたものまで本当は必要だった!!と感じるときがあります。

そうなると、あとは改善すれば良いだけの話なのです。

最後に

私が副業を始めようとした理由と、行動理念?は以上です。

とにかく、行動する。行動してみないとわからない。

本当にやりたいのであれば、行動するべき。と私は考えます。

皆さんがもし、副業をやりたい。と思うのであれば、Twitterなどでメール、リプライを送っていただければ、私でよければ相談に乗りますので、ダイレクトメールなど気軽に送っていただけると幸いです。少しでも参考になればと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です