メモをとるようになると、人生かわった

タイトルの通りです。メモをとる習慣がつくと、人生変わったからメモ取る習慣ぜひともつけてみて!!

っていう話です。

そもそも、私もメモとるなんて意味ないと思ってた。

今では非常に恥ずかしい話なのですが、社会人になるまでというもの、メモをとるなんて意味ないと思っていました。頭の中ですべて覚えておけるだろう。と。

正直、あの時の僕を殴ってでもメモとらせたい気分です。「おまえあの時点からメモとってたらもっと俺の人生楽になってただろ!!」って(言い過ぎ)

ってことに、この記事を読んでくださっている読者様にはなってほしくありませんので、是非メモ取って下さい。

ではなぜ、メモをとる必要があるのでしょうか??

人間、簡単に忘れる

もう一度言います。頭の中に覚えておける。と思ってた私を殴りたい。と。

あり得ません。百歩譲って、学生のころにメモをとってなくても過ごせていた。とします。思い過ごしです。あなたがメモを取らなくても過ごせる程度のレベルでしか物事が回りで発生していなかった。或いは忘れていること自体に気づいていない可能性。を私は指摘しますし、もし、メモをとる習慣を学生のうちに持っていたとすれば、テストでより良い点数を確実に取れることができていたでしょうし、スポーツでもより良い成績を必ず残せていたはずです。(今となっては証明することは難しいですがw)

社会人になり、仕事をするようになって、様々な事象が回りで発生するようになりました。(もちろん、学生のうちでも生徒会などの活動で仕事をしていた人とかはおそらくメモ取っていたと思います。クラスに1人はいましたよね。きちんとメモとるマメな人。)それを、ひとつひとつ、すべて覚えておくなんてこと、絶対無理です。不可能です。もし、そんなことが可能な人がいたらそもそも私たちと同じステージに立ってません。たぶんめちゃめちゃ上にいる研究者とかです。

だから、メモを取って、忘れないようにします。

正確には、メモを取って、忘れていたことを思い出せるようにします。

どんな些細な事でも、最初は構いません。が、大切な事を書き記しておくことにより、スムーズに仕事が進行しますし、ミスも防げます。この、ミスを防ぐ。という事が大切です。ミスをすると、信用を失うことにもなりますし、チームで動いてる場合、チーム全体に迷惑をかけることにもなります。そのミスが原因で前に進めない。なんてこともあり得るでしょう。スムーズに仕事が進行する。というのは、思い出す手間を省けるからです。次に行う仕事を明確に示すことができます。

また、改善するべき点をメモに記入しておくことによって、改善しなければならないことを思い出すことができます。貴方がもし今よりも成長したい。と思っている場合、メモをとる。という行為は非常に有効に働くでしょう。改善する点を忘れてしまっていては、改善するべきことも改善できません。何が悪いか?という点も不明瞭になってしまいます。すると、同じミスを繰り返します。

ビジネスを行って成功したい。仕事ができる人になりたい。ミスをしたくない。と思う人であれば、まずはメモを取る習慣をつけてみてはいかがでしょうか。

スケジュールの管理や空き時間の有効活用にメモ・スケジュール帳を使う

メモを取る習慣がついてくれば、次はメモというより、スケジュール帳を持ち歩いてみましょう。もちろん、メモ帳でも構いません。

そこに、仕事が思いのほか早く終わったり、移動時間があってその時間にやることがなかったり、空白の時間ができる場合がありますよね。そんな時間ができたときに、やること、やれることをメモ帳、スケジュール帳に書き溜めておくと、何か時間ができたときにそのページを見てその時間にあった仕事をこなす事ができます。

要は、効率よく仕事をこなすことができるようになるわけです。

また、その日一日、その一週間にやらなければいけない仕事をすべてメモに書くことで、その一日、一週間、一か月の仕事の流れを組み立てることができます。この仕事が終わったから、次はこの仕事にとりかかろう・・・。という具合に。

これが、メモに書いていなかった場合、「えーっと。あと仕事何があったっけー。」と、思い出す作業に労力を使う事になります。毎度毎度、仕事が終わっては仕事を思い出す作業のループです。時間と労力の無駄です。それに、すぐに思い出せればまだ良いですが、5分も10分も思い出せなかった場合、その時間的な損失は計り知れません。

メモは効率よく物事をこなすうえで必須の魔法のアイテム

人間、忘れる生き物です。

ひどいときは、数分前に言った事も忘れることもありますよね。極端な例ですが、一週間前の晩御飯、思い出せますか?

それと同じことで、いかにして重要な事だったとしても、忘れるときは忘れてしまいます。重要な事が1個や2個ならまだ良いですが、10個や20個にもなってくると、覚えるのは至難の業です。ですから、メモを取って、忘れないようにするのと同時に、やらなければいけないことを書き出し、チェックシートのようにして使う事によって、効率よく仕事をこなす事をすると、なにかが変わるかとおもいます。

また、良いアイデアが浮かんだときも忘れずにメモをとるようにしましょう。良いアイデアほど、あれ?なんだったっけ?となることが多いですよね。漫画家や小説家の方は、枕元などにメモを置く。という事をよく聞きます。

学生のうちからメモを取る習慣のある人、本当に尊敬します・・・・。私は社会人になって意識しなければやろうとも思いませんでしたから・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です