お金が欲しいなら、まずは信用を得る事から始める

お金が欲しい。お金が欲しい。お金が欲しい。よく思うんじゃないでしょうか。

人間、生きていくためにお金が必要です。でも、お金は簡単に手に入るものではないですよね。

けど、運が良いのか悪いのかはわからないですが、私はお金が欲しいと思った所で、お金は増えないです。湧いてくるわけではありませんからね。

お金が欲しい。と思う人に限って、お金があってもすぐになくなってしまうのではないでしょうか。

何故なのか。ハッキリと断言できる。お金に対する考え方が違うからです。生きたお金の使いかたができていないからです。

お金とは信用の代価

お金が欲しい人が、銀行にお金を1000万円借りに行くとします

あなたがお金を貸す立場の人間だとして、どういった人にお金を貸しますか?借りに来た人が二人いたとします。

最近まで無職で、ついこの間コンビニでフリーターとして働きだし、口座には貯金が全くない人にお金を貸しますか?

それとも、10年間同じ会社に勤め続け、毎月5万円は必ず貯金に回していて、口座に600万円がある人にお金を貸すのではないでしょうか。

その違いは、「信用」です。

お金を正しく運用できる。いわば、生きたお金の使い方をする人間にお金を貸す事を決めるのではないのでしょうか。

生きたお金の使い方?

では、生きたお金の使い方って何でしょうか。

先ほどの話で、仮定の話ではありますが、無職の人間が1000万円持った所で、すぐに無駄な使い方をして1000万円を使いきってしまう。

1000万円を使い切るということは、1000万円を返すアテがなくなる。ということになります。

一方で、10年間勤務を続けている人は、1000万円を何かの事業に出資、投資をして、借り入れた1000万円で何か事業を始めたり、投資をしたりして、1000万円を1100万円に増やす。といった、生きたお金の使い方をするのです。

そこの信用の差です。この時点で、お金=信用 という図式が出来上がりますよね。

お金を貸し借りする話だけではなく、例えば、肉を買うときに、国内産の少し値段が張っても良いお肉を買うか、以前不祥事を起こした会社が輸入している安い外国産のお肉を買うか。という話でも信用が大切なのは理解できるのではないでしょうか。

ちなみに、先ほどの話で仮に無職で貯金ゼロの人間が同じ内容の事業計画書を持ってきたところで、何の説得力もないですよね。預金通帳を見せてもらったところで、貴方すぐにお金をなくしてしまっているではないですか。で話が終わってしまいます。

生きたお金の使い方ができる人に、お金は集まる

あなたは1000万円があれば何に使いたいでしょうか。

ギャンブルに1000万円全額ツッこみたい?それとも、資本金として新たな会社の設立の為に必要?

ギャンブルに使う人は、すぐにお金をゼロにしてしまいます。要は、すぐお金が離れていくだけで終わってしまいます。

しかしながら、資本金として使用する人は、1000万円で、新たな利益(つまりお金)を生み出し、お金がゼロになるどころか、増えていく(生きた)使い方をする事になりますよね。

1000万円だと思い描きにくいかもしれないので、身近な話に変えますと、例えば貴方に10万円があったとして、すぐに服やブランド物の時計や財布を買って無くしてしまうのか、10万円を何か投資に使って新たな利益を生み出し続けることができるのかで、そのあとのお金の入り方に影響を及ぼしますし、そういった人に他の人が貴方にお金を貸す、或いは出資をしますか?という事をぜひとも理解していてほしい。

この価値観を得る事で、お金に対しての考え方が変わり、少しずつお金が貴方に流れてくることになるのではないでしょうか。貴方が、信用に値する人間になれば良いのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です